相楽郡広域事務組合
HOME
組合の概要
休日応急診療所
し尿・浄化槽
し尿処理施設
議会
消費生活センター
予算・決算報告
統計情報
ふるさと市町村圏
振興事業
広報誌
アンケート
イベント情報
相楽会館
各種報告書・申請書
例規集
リンク集

し尿処理施設について

HOME > し尿処理施設について > ごあいさつ

ごあいさつ

 
京都府の南部に位置する当圏域の恵まれた自然を守り、より快適で衛生的な生活環境を実現するために、清掃行政の果たす役割は極めて大切なものであります。
とりわけ、し尿・浄化槽汚泥を適正に処理することは、公衆衛生の向上と生活環境の保全を図る上で最も基本的な要件の一つであります。
当組合は、相楽郡の山城町、木津町、加茂町、笠置町、和束町、精華町、南山城村の6町1村で構成される一部事務組合として発足し、当圏域のし尿処理を昭和46年から大谷処理場にて行って参りました。
しかし、施設稼動から約30年が経過し施設の老朽化が進んだこと、生活様式の変化に伴いし尿等の性状が変化したこと等に伴い、平成9年度から平成12年度にかけて大谷処理場の更新を行いました。
この新施設は、最新のし尿処理技術である「高負荷脱窒素処理方式」を導入した処理施設で、高度な放流水質であることはもちろんのこと、放流水量も少なく周辺の水環境へ与える影響を極力少なくしています。臭気対策についても万全を期し、また、周辺地域との調和・融合を考えた施設のデザインを採用し、圏域の皆様に親しまれる施設といたしました。
今後も、施設の運営・管理には安全・安定を念頭に取組み、圏域の皆様に安心して日常生活を送っていただけるよう、努力して参ります。

最後に、ご理解ご協力を賜りました、関係者ならびに地元住民の皆様に心から感謝を申し上げごあいさつといたします。
平成19年10月
代表理事 木村 要
  Page Top
サイトマップお問い合わせ
Copyright(c) 2008 相楽郡広域事務組合 All Rights Reserved.